名古屋近郊専門の税理士紹介

トータル・サポート名古屋合同会社
〒464-0848  名古屋市千種区春岡一丁目30番22号
 

受付時間:午前8時~午後7時 

TEL : 052-751-3153

相続税の税理士を選ぶには

当社が、相続税の税理士を選ぶ上で大切に考えていることは、

その税理士の仕事に対する姿勢です。

 

相続税の知識や経験が豊富なことは当然必要ですが、

ただ、単に機械的に申告書を作成するような税理士では、

高い報酬を支払って依頼する意味はないと思っています。

 

税理士に報酬を支払うのは申告書の作成の費用だけではなく、

合法的な範囲で知識や経験を活かして節税を考え、

遺産分割などについても適切なアドバイスをしてもらえるからです。

 

ただ、数多くの税理士と面談をさせていただいていますが、

そういった姿勢で仕事を行っている税理士は本当に少ないのではと感じています。

 

良い税理士を探すのは本当に難しい事なので、

ホームページが立派だからとか規模が大きいからと言ったイメージや

場所が近いからと言った理由で税理士を決めてしまう方も多いと思います。

 

そういった税理士に依頼することが良くないという訳ではありませんが、

当社では、ご依頼者の立場に立って丁寧に仕事を行う税理士で、

その税理士本人が責任をもって最後まで対応する税理士事務所だけを選び、

ご紹介させていただいております。

 

もし、相続税で税理士をお探しなら、まず一度、ご相談いただければ幸いです。

相続税の税理士紹介の事例

先日、相続税で税理士さんをご紹介した方のお話です。


その方は、相続が発生して、知り合いの銀行員の方から、

税理士を紹介されて、面談をしたそうですが、

提示された料金がどうも高いのではないかと思い、当社にご連絡をいただきました。

 

相続財産の金額や内容、また、相続人の関係などをお聞きしたところ、

当社で税理士さんをご紹介した場合には、

前の税理士さんが提示した金額の半分程度で依頼できるのではと思い、

税理士さんと一緒にお伺いし、お話をさせて頂きました。


ご紹介した税理士さんは、

元々、20年くらい税務署や国税庁で相続税の調査を行い、

退職後、税理士として10年ほど、

相続専門で年間70件程度の相続税申告を行っている方なのですが、

税務署が気にするポイントなども解っているため、

節税できることはしながら、しっかりとした申告書を作成してくれますし、

相続税の経験が豊富ですので効率よく仕事ができるため、税理士の報酬も安くできるようです。

 

面談の結果、税理士さんのこともご信頼いただけ、

税理士報酬もやはり前の税理士さんの半分程度でご契約いただけました。

 

相続税申告で信頼できる税理士をお探しなら、お気軽にご相談下さい。

会計事務所は大きいほうが良いのか?

税理士を探している方とお話をしていると、

「大きな税理士・会計事務所の方が安心ですか?」

と聞かれることがあります。

 

確かにたくさんの税理士が所属している大きな事務所の方が

安心感があるように感じるかもしれません。

 

ただ、大きな事務所から変更される方からは,


「前の担当者は良かったが勝手に担当者が変わってしまった。」

「顧問料が割高だと感じた。」

「節税対策などの相談に親身になって乗ってくれない。」

 

などの不満をお聞きします。

 

私の会計事務所の勤務経験からも、

大きな事務所の場合はどうしてもシステム的に上記のような

不満が発生する可能性は高くなるのではないかと思います。
 

税理士・会計事務所の規模によって、それぞれの良い点・悪い点などがあり、

依頼する会社の規模や状況によって,

どんな規模の税理士・会計事務所が適切なのかということも違ってきますので、

税理士・会計事務所を選ぶときには、ぜひ一度、ご相談下さい。

今の税理士に不満をお持ちの方へ

税理士に不満を感じていても、

『どんな税理士に頼んでもたいして変わらないだろう』

とか、

『とりあえず決算や年末調整はやってもらっているから』

とか、

『税理士を変えるとまたいちから会社のことを説明するのが面倒だ』

とか

『仕事が忙しいので、そのうち‥』

とか、そんなこんなで、ずるずると顧問を続けている。

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、

税理士は人によって本当に違います。

 

一度顧問になったらまず変わることはないと思い、

「顧問先に満足してもらうために、なにをすべきか」

といったことなどは、全く発想になく、

単に形式的に決算書などの書類の作成さえしていれば良いと

考えている税理士も大勢います。

 

決算が終わって計算をして税金が出れば

「税金はこれだけです。儲かって良かったですね。」

といった感じです。

 

経営者の方は必死にがんばって利益を出すのですから

合法的な範囲で節税をして、一円でも多く会社に残したいと

思っているはずです。

 

しかし、そんな経営者の思いとは全く離れた感覚で

仕事をしているということです。

 

また、何か相談をしても

『それは経営者が判断することだから』

とか

『それは税理士の仕事ではないから』

とか

ほとんどアドバイスをしない税理士もいます。

 

それは、勉強が足らずに知識がなく

アドバイスができないと言った場合もありますが、

アドバイスをした結果、あとでクレームが来る

リスクをなくしたいといった場合もあります。

 

なにより、最低限のことさえしていれば、

実際に顧問先は離れていかないわけですから、

余分なことはできるだけやらないほうが良いという考えです。

 

貴社の税理士はどうですか?

 

しかし、今まで述べたような税理士も残念ながら数多くいますが、

そうではなく、

顧問先のことを一生懸命考え、がんばって仕事をする税理士も

大勢います。

 

当社では、そういった税理士だけを選び、ご紹介させていただいております。

 

確かに、いままでの税理士を変えることは勇気のいることだと思います。

ただ、税理士を変更することは思っているほど大変なことではありません。

 

まず、今の税理士に関することや税理士変更の不安点など、

お気軽にご相談いただければと思います。

今の税理士をチェックするポイント

今日は自分の思う税理士のチェック項目をいくつか書いてみます。

 

1 約束の時間に遅れることがよくある

2 言うことがころころと変わることがある

3 自分の間違いを認めようとしない

4 質問しても話をはぐらかすようなことがある

5 態度が横柄である

6 はじめに決めたとおりに訪問してくれない

7 会計事務所の担当者がよくかわる

8 顧問料が知らないうちに上がっていたことがある

9 連絡してもなかなかつながらない

10 税務調査のときにこちらの見解を主張してくれない

11 決算の前にだいたいの利益や税金についての説明がない

12 税法の改正点などの説明がない

 

1から5までは主に税理士の人格に関するもの、

6から9までは顧問先に対する姿勢に関するもの、

10から12は仕事のやり方に関するものです。

 

今の税理士はいくつあてはまりますか?

 

上記の項目は最低限のものだと思いますので、

1つでもあてはまっていれば問題はあるとは思いますが、

大目に見ても、3つ以上あてはまるようだと税理士の見直しを

考える必要があるのではないかと思います。

安い料金で税理士に依頼する注意点

税理士側が安い顧問料で受けるには、

 

その顧問先の担当者を人件費の安い若い職員にする。

訪問やアドバイスなどはなく書類の作成だけを行う。

 

などの方法をとる場合が多いのですが、

 

こういった方法では

顧問先にとっては非常にデメリットが多くなります。

 

経理・税務の知識や経験の少ない担当者では、

税務処理のミスも当然多くなりますし、

相談などは全くできない場合もあります。

 

また、書類の作成だけを行う場合には、

税理士との信頼関係がないため、

節税対策などが取れなかったり、

税務調査のときに全く力にならなかったりします。

 

当社では、

できるだけ安い顧問料で税理士に依頼したいといった方には、

 

30歳代、40歳代で独立して間もないため、やる気や能力はあるが、

顧問先がまだ少ないといった税理士さんの中から

相性の合う方をお選びしご紹介するようにしています。

 

そういった方は、独立して間もないといっても、

通常、会計事務所の勤務経験は10年以上はありますし、

 

顧問料は安くても、

顧問先に喜んでもらおうと一生懸命考えて仕事をします。

 

信頼できる税理士をお探しなら、まず一度お気軽にご相談下さい。

 

顧問料について

税理士の顧問料は、その税理士によって全く違います。
また、顧問料は依頼する仕事の量や質にかならずしも比例しているわけでもありません。

 

半年に1回程度しか面談をせず、担当者は資格のない職員で、
何を聞いても的確なアドバイスをしてくれないといった税理士事務所でも、
一般的な顧問料と比べて相当に高いと思われる顧問料を取っている税理士事務所もあれば、

逆に、定期的に面談を行い、
担当者はその税理士自身でしっかりとした対応をしてくれる税理士事務所であっても、
例えば、まだ独立したばかりで顧問先が少ないとかいった税理士側の事情や、
また、会社側がまだ起業したばかりの場合は、
会社が発展したら顧問料を上げてもらう約束をして、一
般的な顧問料より安い顧問料で受けてくれる税理士もみえます。

 また、長い間、同じ会計事務所に頼んでいると相場より高くなっている
といった場合がしばしばあります。

これにはいろいろな理由が考えられるのですが、
よくあるのが、会社の成績が良いときに顧問料を値上げするが成績が悪化しても下げない、
決算がすむたびに少しずつ値上げされているといった場合です。

さらに、事業規模が大きくなってくると、会計事務所によってかなり差がでてきます。


これは、会社側も事業規模が大きくなるにつれ
、税理士の顧問料の経費に対する割合が低くなるため、
あまり検討することなく、税理士側の提示額を了承するということがあるようです。

このように、実際に自分の会社が支払うべき相場というのは、
いろいろな条件によって変わってきます。

また、知らないで相場より高い顧問料を払い続けている場合もあります。

 

当社では、メールで「顧問料の適正価格診断」を行っております。
ご記入いただくご連絡先はメールアドレスだけですので、
よろしければ、一度お問い合わせ下さい。

 

●顧問料の無料診断はこちらから

 

今の税理士は、

「いざ」 というときに頼りになりますか?

 

税理士のタイプの分け方のひとつとして、

「いざ」というときにどんな行動をとるのかということがあります。

 

「いざ」というときとは、例えば、

税務調査のとき

会社に何か問題が起きたとき

何か新しいことに挑戦しようとするとき などです。

 

そのときに、

顧問先の力になろうと、労力を惜しまず、知恵を出し精一杯がんばってくれる税理士もいれば

自分の体裁や保身のことばからを考え、逃げ腰になってしまう税理士もいます。

 

当社では、税理士と面談し、

自信を持ってご紹介できる税理士かどうかを判断させて頂いているのですが、

そのときに、このことをしっかりと確認しています。

 

本当に信頼できる税理士をお探しなら、まず一度、ご相談下さい

 

今の税理士に不満を感じている方へ

税理士に不満を感じていても、

『どんな税理士に頼んでもたいして変わらないだろう』

とか、

『とりあえず決算や年末調整はやってもらっているから』

とか、

『税理士を変えるとまたいちから会社のことを説明するのが面倒だ』

とか

『仕事が忙しいので、そのうち‥』

とか、そんなこんなで、ずるずると顧問を続けている。

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、

税理士は人によって本当に違います。

 

一度顧問になったらまず変わることはないと思い、

「顧問先に満足してもらうために、なにをすべきか」

といったことなどは、全く発想になく、

単に形式的に決算書などの書類の作成さえしていれば良いと

考えている税理士も大勢います。

 

決算が終わって計算をして税金が出れば

「税金はこれだけです。儲かって良かったですね。」

といった感じです。

 

経営者の方は必死にがんばって利益を出すのですから

合法的な範囲で節税をして、一円でも多く会社に残したいと

思っているはずです。

 

しかし、そんな経営者の思いとは全く離れた感覚で

仕事をしているということです。

 

また、何か相談をしても

『それは経営者が判断することだから』

とか

『それは税理士の仕事ではないから』

とか

ほとんどアドバイスをしない税理士もいます。

 

それは、勉強が足らずに知識がなく

アドバイスができないと言った場合もありますが、

アドバイスをした結果、あとでクレームが来る

リスクをなくしたいといった場合もあります。

 

なにより、最低限のことさえしていれば、

実際に顧問先は離れていかないわけですから、

余分なことはできるだけやらないほうが良いという考えです。

 

貴社の税理士はどうですか?

 

しかし、今まで述べたような税理士も残念ながら数多くいますが、

そうではなく、

顧問先のことを一生懸命考え、がんばって仕事をする税理士も

大勢います。

 

当社では、そういった税理士だけを選び、ご紹介させていただいております。

 

確かに、いままでの税理士を変えることは勇気のいることだと思います。

ただ、税理士を変更することは思っているほど大変なことではありません。

 

まず、今の税理士に関することや税理士変更の不安点など、

お気軽にご相談いただければと思います。

 

経営者の方が、依頼した税理士に満足される条件は、

 

事務所の規模が大きいとか

顧問料が安いとか

場所が近いとか

そういったことではなく、

 

依頼した税理士との個人的な信頼関係が築けるか

どうかではないかとと考えています。

 

信頼関係が築けるかどうかは、まず、

経営者が税理士に期待するものと

税理士が経営者に提供したいサービスが

一致していることが大切です。

 

また、当然、仕事上の関係ではありますが

個人的な相性も大切です。

 

個人的に相性が合えば、経営者の方も税理士に

気軽にいろいろなことを相談しやすいですし、

 

税理士側も建前的なアドバイスだけではなく、

親身になったアドバイスなどもできるのではないかと

思います。

「ひどい税理士」とは

税理士の変更でご相談をいただく方も多いのですが、

ほとんどの方が、何年も前から不満を持っていたがずっと我慢していて、

「もう限界」

といったような状況になって、はじめて相談の電話をしたといった方です。

 

そういった方とお話をしてみると、

みなさん、まじめで義理堅く、非常に良い人ばかりです。

 

その方から、今の税理士の仕事内容や顧問料の金額などをお聞きすると

本当に、ご相談者よりこちらのほうが感情的になってしまうような

「ひどい税理士」も大勢います。

 

「ひどい税理士」とは、例えば、

顧問先がおとなしいから、良い人だから、ということにつけこんで、

あきらかに仕事に手を抜いている、仕事内容に較べて高額な顧問料を取っている、

そんなふうに感じてしまう税理士です。

 

なぜ、もっとはやく相談してくれなかったのかと思ってしまいます。

 

ご相談いただいた方たちが悪いとは思いませんが、

不満を持っていても税理士を変更する方が少ないといった現状が、

「ひどい税理士」であっても、

業界の中で淘汰されずそのまま放置されているといった

結果を招いているのではないかと思います。

 

本当に顧問先に喜んでもらおうとがんばって仕事をしている税理士も

大勢います。

 

今の税理士に不満を感じている方は、

我慢するのではなく、

とりあえず、できるだけ早くご相談いただければと思います。

 

自分の目で確かめる大切さ

私は、

自分自身が会ってみて、自分の目で確かめて、

「私だったらこの税理士に頼みたい」

と思う税理士しか

ご紹介はしたくないと思っています。

 

税理士に対しての知識や情報の少ない経営者の代わりに、

私自身の税理士事務所での勤務経験や、

数多くの税理士との面談経験に基づき、

専門的なことや経営者の方が直接税理士に会っても

気づかないような点なども確認し、

ご紹介した後に本当に喜んでいただけるような税理士だけを選び、

 

その中からご依頼者との相性や条件の合った方をご紹介するからこそ、

経営者の方が直接税理士に会うより

税理士紹介会社を通して税理士と会うメリットが出てくるのでは

と思っています。

 

いつも思うこと

税理士のご紹介をしていていつも思うのは、

 

税理士と一口に言っても、

本当に人によって違いがあるということ、

 

そして、

税理士を変更することは実務的にそれほど

大変なことではないということ、

 

を経営者の方にわかっていただきたいということです。

 

税理士を信頼できないまま、

顧問関係を続けていても

会社にとって何もメリットはありません。

 

顧問先の力になろうと

一生懸命がんばっている税理士も

たくさんいます。

 

今の税理士に不満を感じているなら

実際に税理士を変えるかどうかにかかわらず、

「今の税理士は他の税理士と比べてどうなのか」

「税理士を変更する注意点は」

など、まずご相談いただければと思っています。

 

当社の財産

経営者の方に税理士さんのご紹介を行う上で一番大切なことは、

ご紹介した方に満足していただける税理士さんを

一人でも多く見つけることだと思っています。

 

ご依頼者の方に満足していただける税理士さんがいなければ、

税理士紹介という仕事自体が成立しないわけですから。

 

そのため、

名古屋近郊の数多くの税理士さんと面談をさせて頂いているのですが、

なかなか、

「この税理士さんなら自信を持ってご紹介できる」

と思える方とはめぐり会えることができません。

(今これをご覧になっている税理士さんで不快な思いをされている方がいればすいません。)

 

しかし、お話をしてみて

「この税理士さんはすごい」

と感じる税理士さんもみえます。

 

そして、そういった税理士さんこそが、当社にとっての一番の財産だと思っています。

 

良い税理士さんをご紹介するために

当社では、ご依頼者のご希望によって、

お電話で詳しいお話をお聞きし、

ご紹介する税理士をお選びする場合と、

税理士をご紹介する前に、

実際にご依頼者とお会いさせていただいた上で、

税理士をお選びする場合があるのですが、

 

より適切だと思える税理士を効率的にお選びするためには、

できるだけ、事前にご依頼者とお会いさせていただきたいと

思っています。

 

ご紹介する候補の税理士とは事前に必ず面談し、

やる気や能力、人柄などは確認しているため

どの方も信頼できる税理士の方ばかりなのですが、

 

どうしても、お電話でのお話だけでは、

ご依頼者との相性などがわかりにいため、

一番適切だと思われる税理士をお選びすることが難しく

そういった場合には、当社としては

何人かの税理士とご面談することをお勧めしています。

 

事前にお会いさせていただくと、

相性を含めより適切だと思える税理士を

一番初めにご紹介させていただけるため、

効率的に、より良い税理士をみつけることができると思いますので、

是非、事前にお会いさせていただければと思っています。

 

担当者は税理士ですか?

規模の大きな会計事務所になると税理士本人ではなく、

資格のない職員が担当者となり、実務を行うことがよくあります。

 

しかし、その担当者を顧問先が選ぶということはあまりないようです。

 

担当者が毎月訪問し、

税理士本人とは1年に1度くらいしか会わないという

場合も多いわけですから、

その担当者のやる気や能力によって、

顧問先が受けるサービス内容などは大きく違ってきます。

 

ですから、顧問先は税理士を選ぶのと同じように

担当者を選ぶことができて当然だと思うのですが、

私はそういう会計事務所をあまり聞いたことはありません。

 

そして、その会計事務所が決めた担当者が、

税務の知識や経験がほとんどないという場合もないとはいえません。

 

知識や経験のほとんどない人を担当者として顧問先に訪問させ、

税理士本人は年に1度くらいしか顔を出さない。

 

そんな会計事務所は、

いくらその担当者を税理士や経験の豊富な上司が管理しているからといっても、

それで適切なサービスを行っているとはいえないような気がします。

 

税理士との信頼関係が強いので、

それでも満足しているという方もみえるかもしれませんが…

 

顧問税理士が亡くなった時など

顧問税理士が亡くなった時や、高齢でやめる場合に、

その税理士の知り合いが、

亡くなった税理士や、やめる税理士の

顧問先を譲り受けるということがあります。

 

一人の税理士で全ての顧問先をもらう場合もありますし、

何人かの税理士で割り振ってもらう場合もあります。

 

そして、

 

多くの顧問先の方は、いわれるまま

その指示に従って新しい税理士に顧問をしてもらっているようです。

 

しかし、

 

新しい税理士がどんなに人かもわからず、

前の税理士の関係者にいわれるまま、

その税理士と顧問契約をすることは

本当に良いことなのでしょうか?

 

税理士と一口に言っても、

その能力や仕事に対する考え方は千差万別です。

その時に、安易に次の税理士を決めるのではなく、

税理士についてもう一度検討して、

 

自分の会社にとって本当に頼りになる税理士を、

手間をかけてでも探してみることが

今後の会社にとって大切なことではないでしょうか。

 

税理士の変更を検討されている方で、

「今度の決算が終わったら変わろう」

と考えられている方もみえると思います。

 

しかし、

 

今の税理士を本当に信頼できていない場合は、

できれば決算を迎える前に

税理士を変更することをお勧めします。

特に、決算が黒字になる見込みのときはなおさらです。

 

決算を迎える前に税理士を変更することによって、

今までの税理士が教えてくれなかった節税対策などをして、

結果的に決算で支払う税金が大きく減少することも

十分に考えられます。

 

今の税理士に不満を持っている方は、

決算の時期にとらわれず、できるだけ早く

税理士の変更について行動を起こすことが

大切だと思います。

 

税理士のタイプ

税理士は大きく2つのタイプに分かれるのでは

ないかと思っています。

 

ひとつは、

顧問先をひたすら増やし職員を入れて、事務所の規模を

大きくしていくことにやりがいを感じる税理士。

 

もうひとつは、

基本的に自分でできる範囲に顧問先の数を抑え

現場での顧問先との関係にやりがいを感じる税理士。

 

どちらが良くどちらが悪いとは言えるものではないのかも

しれませんが、

 

私は、個人的には後者の税理士の方が好きです。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
052-751-3153

受付時間:午前8時~午後7時

名古屋市とその近郊で信頼できる税理士をお探しなら、
まずは、名古屋市千種区にあります
「トータル・サポート名古屋合同会社」にご相談下さい。
ご希望に合った税理士をお選びしご紹介致します。

対応エリア
愛知県:名古屋市全域・一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・清洲市・北名古屋市・愛知郡・西加茂郡・西春日井郡・丹羽郡・津島市・愛西市・弥富市・海部郡・半田市・東海市・大府市・岡崎市・豊田市・安城市・知立市・刈谷市など
岐阜県:岐阜市・多治見市・可児市など 三重県:四日市市・津市など その他の地域の方はお問い合わせ下さい 。